ピザ窯って?

ピザ窯(ピザかま)はピザを焼くための窯もしくはオーブンのことです。石窯でピザを焼くことが多いので、石窯のことをピザ窯と呼ぶ場合があります。ただ、近年、窯の素材を耐火煉瓦・岩石・粘土やコンクリートで固めた従来の石窯(石釜)と違うアルミニュウムやセラミック等の熱伝導性の良く、耐熱性に優れる素材が使われることが多くなり、石窯と区別されるようになってきました。

アルミやセラミックで作られたピザ窯は燃料の薪や炭な20150721205952どを焚きつけてから数分で調理できる温度まで上がるので、石窯のように調理開始まで数十分から(炉内の大きいものでは)数時間も待たされることはありません。ただ、石窯のような断熱効果には少し劣る為、予熱を利用して長時間料理するには向いていないとされてきましたが、近年は素材や形状の改良で長時間の料理も可能になってきました。

日本では、イタリアンレスランなどで本格的な石窯(ピザ窯)が見れるようになりました。また石窯キッド等の普及で自宅でも石窯を自作されることも多くなってきました。ただ、石窯作りやDIYはやはり素人には難しいことから手軽に組み立てられるアルミやセラミックで作られたピザ窯が注目されるようになってきました。

既にヨーロッパの一般家庭はセラミック製の小型ピザ窯を購入する家庭が多く、庭などにピザ窯を持ち込んで、パンやピザケーキなどを料理して楽しむことが多いようです。

 

手軽に石窯ピザを焼くあなたを応援します。