ピザ窯の歴史

伝統的な石窯は、「ローマ風」とか「黒い」窯と呼ばれ、西洋文化の少なくともローマ共和国にさかのぼります。「黒い」窯は、燃料として使われる木の煙が、時に窯の屋根のすすとなって溜まるので、「黒い」窯として知られています。

現代の大部分の石窯の前身は、地面の土を掘って作っていたアースオーブンと言われています。あああ
今もペルシャ湾岸地域では伝統的なパンを作るために石窯が使われ、インドでは、タンドールが以前はの粘土窯が主流でしたが、最近は電気で焼かれています。上空式のタンドールは、土窯とローマ型石窯の中間的なデザインです。

石窯は中世ヨーロッパの至る所で広く使われ、しばしば、地域のコミュニティーとして共用で使用されていました。(地方政府が所有し、経営者は料金をオーブンの使用者に負担させていました。
石窯は植民地時代にアメリカで人気が出て、今もパン屋やピザ専門店、またピザや焼き料理を専門とするレストランに設置されています。
植民地時代のアメリカの石窯は中世ヨーロッパで使用されていた石窯(ビーハイブ・オーブン)やフランスのケベック・オーブンを元に作られ、粘土窯またはアドベ煉瓦で造られています。

現在、存在する世界で一番古い石窯はポンペイ遺跡で見つかったもので約1900年前のものと考えられています。