ナポリピッツァの粋な食べ方

Leckere Pizza auf dem tisch

イタリアでも恥をかかないピッツァの食べ方を紹介しましょう!!

 

 

 

ピッツァは1人1枚注文し、全部自分で食べきる
日本では一般的な小皿に取り分けて食べる方法は、イタリア人にとっては滑稽で「あり得ないこと」。本来は個々に注文し、各人が自分のピッツァを最後まで1人で食べるのがスマートです。決してシェアはしません。何種類かを分け合うと、味が混ざってわからなくなり、精神的にも満たされないからでしょう。日本人がラーメンを食べるときに普通はシェアしないのと同じです。

 

 

 

店の中ではナイフとフォークで食べるほうがスタンダード
ピッツァの食べ方に厳密なマナーはありません。手で食べても、ナイフとフォークを使ってもどちらでもOK。ただし、焼きたてのピッツァはアツアツ。はじめはナイフとフォークを使って食べたほうが無難ですし、見た目もエレガントです。店に座って食べるとき、ほとんどのイタリア人はナイフとフォークを使っています。

 

 

 

立ち食いピッツァは4つ折りに
店先で売っている立ち食い用ピッツァは小さめですが、そのままでは歩きながら食べにくいので、あらかじめ4つに折って紙に包んで渡してくれます。すぐに食べるものなので、袋にも入れません。アツアツをテイクアウトしたい場合は、メニューから選んで、その場で焼いてもらい、専用の箱に入れてもらいます。

 

 

 

コルニチョーネ(額縁)を残さない
生地の美味しさが醍醐味のナポリピッツァ。コルニチョーネ(額縁)と呼ばれる縁の部分はもちもち&ふっくら、粉の風味も味わいもたっぷり詰まっているので、残したら絶対に損。ひらめの縁側同様、縁も残さず食べるのが鉄則です。

 

 

 

熱いうちに食べきる
ピッツァの美味しさの寿命が短いのを熟知しているナポリっ子は、焼きたてのピッツァが運ばれたら脇目もふらず真剣に食べます。ピッツァは熱いうちに食べる。それがナポリの人々の第一の信条。そのため先に全部カットするのはNG。食べる分だけをその都度カットします。ただし、最近のピッツァは大きいサイズが増え、最後のほうは冷めてしまいがちで、真のピッツァグルメは嘆いているそうです。この悩みの解決策は、小さいピッツァを2枚頼むこと。1枚食べ終えた時点で、次のピッツァが出てくるように注文すれば、最後までアツアツを楽しめます。しかも、好みによって2種類のピッツァが味わえて、一石二鳥です。

 

 

 

ピッツァのサイドメニューは揚げ物
ピッツァは本来庶民に好まれて発展した食べ物。それだけでお腹いっぱいになる一品完結料理なので、ナポリのピッツェリアにはアンティパスト(前菜)はもとより、コーヒーさえもおいていないところも多いのです。しかし、ナポリのピッツェリアならではのサイドメニューがあります。その多くはコロッケやナスのフライ、ピッツァの生地を揚げたものなど、簡単なフライ類。私たちがラーメンを食べる前に餃子をつまむような感覚と似ています。